相続した実家が空き家になったとき

親から相続した実家が空き家になっている。
今後誰も住む予定がないのに、思い出が詰まった家を売るのは忍びない。

そのように感じて、空き家になった実家を相続したまま残しているケースもよくあります。

しかし、空き家をそのまま所有し続けても、メリットはありません。

まず、固定資産税などの維持するための経費がかかります。
また、保安上・衛生上・景観上の理由で周辺の環境に悪影響を与えている「特定空家」とされると、固定資産税は高くなり、最悪の場合行政に取り壊されてしまいます。

そのようなことにならないためには、相続した空き家をどのようにするかを考えて決める必要があります。

とは言っても、忙しい仕事や家事の間に、調べごとをするのは簡単なことではありません。

そこで、このサイトでは、相続した空き家をどうすれば良いかについて情報を整理して提供しています。また、必要な手続きの進め方についても解説しています。

相続した空き家のことで悩んでいるときは、このサイトを活用してください。

更新日:

Copyright© 空き家売却の進め方 | 実家の相続から処分まで , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.